ガーデンルーム(サンルーム)|高槻市のエクステリア・外構工事は【K-WORKS】へ

ガーデンルーム(サンルーム)

憧れのマイホームにお庭を作って楽しみたいと考えている方は多いでしょう。
ですが、雑草の処理など手入れが大変で、あまり庭を利用しなくなるということも。
そこでガーデンルームという選択肢はいかがでしょうか。

ご自宅とお庭をつなぐことでリビングの延長のように利用でき、開放感あふれる暖かい陽だまりの空間を演出するガーデンルーム。
ご家族のくつろぎ空間として活用したり、ガーデニングを楽しんだり、洗濯を干すスペースになったり、子供やペットの遊び場にしたりと、様々な場面で活用できます。
新しく部屋が欲しい、お庭をリフォームしたいという方にもぴったりです。

ガーデンルームとは

ガーデンルームとは、自然光を多く取り入れるために屋根や壁・開口部をポリカーボネートやガラス張りにした部屋のことで、サンルームとも呼ばれます。
室内と庭との中間に置かれる、内と外をつなぐ存在。
リビングやダイニングの先に生まれた、新しい空間という位置づけです。
居室と同じように利用できるため、お部屋が1つ追加されるようなイメージとなります。
うまく活用されていないお庭があれば部屋の一部として利用できますし、増築をお考えの場合でも気軽に部屋を広くできます。

ガーデンルーム・テラス囲い 何が違う?

よく間違えられることの多い「ガーデンルーム(サンルーム)」「テラス囲い」ですが、周囲を囲う後付けで設置できるテラス屋根という点は同じですが、少し違いがあります。
ガーデンルーム
大きな特徴は、気密性や水密性が高く、折り戸による全面開放ができることです。
扉を閉めて利用すれば室内としての利用ができますし、フルオープンにすればお庭として利用でき、用途によって使い分けをして楽しめます。
換気窓や日よけなどの様々なオプションによって、四季のある日本では日差しや気温の細かな調整がしやすいのも魅力です。
テラス囲い
屋根だけのテラスに四方を塞ぐ囲いをつけた簡易的なものです。
お値段もガーデンルームよりお手軽です。

ガーデンルームの活用方法

用途によってさまざまな使い方ができるガーデンルーム。
実際にどのような活用方法があるのでしょうか。

・お庭として
天気の良い日は、ガーデンルームの扉を開け放して庭と一体化した開放的なテラスとして使えます。
家族でBBQをしたり、夏場はお子様のプール遊びの場としたりと、便利に使えます。
ガーデンルームの床はタイルデッキにする場合が多く、草や芝生のお手入れを気にする必要がありません。
真夏の炎天下に手入れをする必要がなく、快適にガーデニングを楽しむことができます。

・お部屋として
リフォームするよりも安価に1部屋増やせるガーデンルーム。
屋根だけのテラス空間と比べ、天候や季節の影響を受けないガーデンルームは年間を通してより暮らしやすい空間を作ることができます。
扉をしめればリビングなどの延長としてお部屋を広く使うことができます。
断熱効果もあるので寒い冬にも効果的です。

・洗濯スペースとして
ガーデンルームがあれば、雨の日でも濡れる心配なくいつでも洗濯物を干すことができます。
雨の日だけでなく、花粉や黄砂から洗濯物を守ることもできます。

・ペットのお部屋として
猫や犬を飼っている方にも人気で、ペットのためのお部屋として設置される方も多いです。

・カフェスペースとして
最近では、リビング・ダイニングとは別にくつろげるスペースを設計するお家も増えてきました。
そんな空間としてガーデンルームはぴったりです。
屋外の自然を感じながら食事をしたり、友達を呼んでお茶をしたり、あるいは自分ひとりの気ままな時間を過ごしたり・・・。
ご自宅にくつろげるカフェスペースを作ってみてはいかがでしょうか。

・第二の玄関として
玄関を通らなくてもお庭から直接アクセスできる動線ができるので、お客さんを室内に招き入れることなくお通しでき、ホームパーティなども楽しめます。

ガーデンルームのデメリット

とても魅力あふれるガーデンルームですが、デメリットもあります。
メリット・デメリットをしっかり理解し、ご自宅に必要かどうか見極めて設置してください。

施工費用がかかる
ガーデンルームを作るには、外壁に金具で固定し、地面はタイルデッキの造作が必要になります。
そのため多種類の大がかりな複合工事が必要となるため、その分施工費がかかってきます。
施工価格は使用する製品によって大きく変わり、面積が広いものや腰壁付きのもの、天井部分にサンシェードが取り付けられているものなど様々で、機能が付くほど高価です。

ガーデンルーム内は夏暑く冬寒い
ガーデンルームは天井・壁をガラスやポリカーボネートにして太陽光を取り込むので、外気温の影響を受けやすくなっています。
夏場の炎天下では、ガーデンルーム内は閉め切っているとかなり高温になるでしょう。
反対に、冬場は温度が下がります。
対策として天井内部に日除けのカーテンを設置したり、壁にはロールスクリーンで日除けすることをオススメします。
しかしリビングなどの室内においては良い影響も。
ガーデンルームを設置することで断熱効果を高めてくれるので、「冷房&暖房」の効き目が高まります。
真夏の炎天下・真冬のお日様が当たらない時間などを考えながら利用できると良いですね。

外壁に穴を空ける必要がある
ガーデンルームを設置するには、外壁にビスを打ち付けて固定する必要があります。
外壁に穴を空けるため、家の外壁保証が無くなる可能性があるので事前に確認が必要です。
工事の際には基礎工事・外壁工事も必要となる場合がありますので、施工箇所や建物の構造・形状によっても費用が変わる点には注意しておきましょう。

ガーデンルーム増築前に知っておくべきこと

ガーデンルームを増築する際には、以下の点に注意が必要です。

業者選びに注意
ガーデンルームの増築では、建物外壁とガーデンルームの接続部分から雨漏りを防ぐよう金具で固定して耐水性・気密性を向上させます。
この際、外壁に穴を開けることで建物の構造を変更することになるため、住宅の瑕疵担保保障が受けられなくなる可能性があります。
あらかじめ住宅を建てた会社に相談し、補償が継続して受けられるかどうか確認が必要です。
万一の場合の補償が受けられることを確認し、信頼できる業者を選択してください。

日当たりのチェック
ガーデンルームを施工する際には、日当たりについても注意が必要です。
日当たりが悪い箇所にガーデンルームを設置した場合、太陽の光が内部に入ってこず、ガーデンルームの良さを十分に発揮することができません。
日当たりが良すぎる場合も問題で、夏場の日差しによって温度が上昇し快適性が失われてしまう可能性もあります。
施工の際には日当たりをシミュレーションしてもらい、年間を通して快適な日当たりとなる箇所を選んでもらうか、夏場の日差し対策ができる製品を選んでもらうと良いでしょう。

固定資産税の課税対象になる
ガーデンルームを増築すると、建物の延べ床面積の増加によって固定資産税の課税対象になります。
固定資産税の増加額については増築を行う不動産の評価額によって変わってきますが、一般的な3畳程度のガーデンルームなら年間で約1万円が目安のようです。

不動産の登記内容の修正が必要になる
ガーデンルームを増築すると、建物の延べ床面積が変化するため不動産の登記内容の修正が必要になります。
手続きがやや複雑で個人で行うのは難しいため、土地家屋調査士やリフォーム会社に代行してもらうと良いでしょう。

建築確認申請が必要になる
ガーデンルームが10㎡を超えるときには、建築確認申請(建物が建築基準法等の法律に違反していないか調査すること)が必要になります。
ガーデンルームの場合は10㎡以下の製品が主流のため、建築確認申請が必要ないこともありますが、念のために施工を依頼する際には建築確認申請が必要かどうかについても確認しておきましょう。
もし建築確認申請が必要な場合には、役所への申請費用が約3万円、資料の用意や手続きの代行を依頼する場合は約5万円かかります。
他にも、増築後に行政の見回りや航空写真等のチェックなどにより、登記の修正を求められるケースもありますので、注意しましょう。

ガーデンルームの設置を希望される場合は、豊富な知識を持つプロにご相談ください。
対応エリア AREA
大阪府高槻市 茨木市
島本町 摂津市 吹田市 箕面市 枚方市 寝屋川市 
守口市 交野町 豊中市 門真市
池田市 四条畷市 大東市 東大阪市 八尾市 
東淀川区 淀川区 西淀川区

兵庫県伊丹市 尼崎市

京都府八幡市 大山崎町 長岡京市
大阪府高槻市を中心に、大阪北摂は迅速に対応いたします。
また、ご相談いただければ遠方のエリアも対応いたしますので
お気軽にお問い合わせください。
工事内容 CONSTRUCTION
【新築及びリフォーム外構工事・エクステリア工事】
アプローチ
階段 ( タイル・石貼り・乱形石・洗い出し仕上げ・刷毛引き仕上げ等 )
駐車場・駐輪場 ( 土間コンクリート打ち、タイル・石貼り・乱形石・
洗い出し仕上げ・刷毛引き仕上げ等 )
門壁 ( 左官塗り壁・タイル・石貼り等 )
整地 ( 山砂・川砂利・白川砂利・防草シート等 )
ライティング・スポットライト
【エクステリア製品工事】
門柱・機能門柱、機能ポール、ポスト、宅配ボックス、表札
門扉、スライド門扉、アコーディオン門扉、電気施錠門扉
アルミフェンス、木調フェンス、メッシュフェンス、スクリーンフェンス
カーポート(1 台用、1.5 台用、2 台用、ワイド、特注品)、サイクルポート
跳ね上げゲート、シャッターゲート
【庭工事】
芝、人工芝、山砂、川砂利、白川砂利、防草シート
テラス、テラス屋根、ガーデンルーム、ウッドデッキ、タイルデッキ
【植栽工事】
シンボルツリー、高中木、低木、グランドカバー、芝貼り、剪定、管理等
【屋外設置】
小型物置・中/大型物置、多目的物置、断熱材付物置、シャッター物置
電動開閉ガレージ
立水栓、混合栓、水栓柱、ガーデンシンク
ガーデンファニチャー 等
【造成工事】
境界ブロック、ブロック積み、CP 擁壁、RC 擁壁 等
(各種申請工事はご相談ください)
【取扱いメーカー】
LIXIL YKKap Panasonic 三協アルミ マチダコーポレーション 
ユニソン TOYO 東洋工業
四国化成 タカショー 名古屋モザイク 平田タイル イナバ ヨドコウ その他各種
デザイン実績多数

大阪府高槻市のエクステリア工事・外構工事

無料現地調査を依頼

080-1475-1327
【営業時間】9:00~17:00 /不定休 定休
高槻市・北摂エリアで外構工事をお考えの方、
些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
ページの先頭へ