ブロック塀|高槻市のエクステリア・外構工事は【K-WORKS】へ

ブロック塀

ブロック塀というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
地震で起こった事故のニュースなどから「ブロック塀は危険なモノ」というイメージを持たれている方も多いでしょう。
しかし、土留めや塀・境界線の明示などとして幅広く活用されているブロック塀は、外構・エクステリア工事を行う際には切り離せない工事と言えます。
ブロック塀について正しい知識を知っておくことで、外構工事で安全に活用することができます。

ブロック塀の役割

境界の明示
ブロック塀の最も大きな役割は、境界を区別するということです。
土地には境界線があり、それに沿ってブロック塀で区切ります。
境界線の区切りブロック塀は、後に隣家とのトラブルなどの原因にもなりかねませんので工事の際には注意が必要です。
境界標が見当たらない場合はブロック塀を新設する前に土地家屋調査士などの専門家に相談・依頼して境界線部分をはっきりさせておく必要があります。
土留め
土留めとは、土が崩れてくるのを防ぎ食い止める壁のことです。
主に段差や法面(人工的に作られた斜面)に使用されます。
特に地盤が高いお家では、外構工事をする際に土を鋤いて平地にするため、周囲からの土が崩れるのを防ぐためブロックを用いて壁を作る必要があります。
土留めブロックを用いた壁には、かなりの土の重みによる圧力がかかるため一般的なブロックでは強度不足です。
厚みのあるブロックを使用する必要があり、また基礎工事も強固に作り上げていきます。
目隠し効果
クローズ外構やセミクローズ外構にしたい場合にはブロック塀を用いることで目隠し効果が高くなります。
完全に外部からの視線を遮断したい場合は目線の高さほどのブロック塀を設置すると良いでしょう。
しかし隙間を完全に埋めてしまうため、通気性が悪いことが挙げられます。
風や光を通したい場合は、ブロック+フェンスで目隠しを作る方法がオススメです。
造作門柱
最近の外構・エクステリア工事では主流となった造作門柱もコンクリートブロック塀にタイル等で仕上げて作っています。
幅や高さなど、自在に好みのものを作れるのでオリジナリティあふれる外構空間になります。

ブロック塀もおしゃれにできます!

ブロックの種類は大きく分けて「コンクリートブロック」と「化粧ブロック」があります。
以前はグレーしかなかったブロックも、現在は、化粧ブロックとして様々な色やデザインが登場しています。
組み合わせしだいでひと味違ったおしゃれな外構空間に仕上がります。
コンクリートブロック
一般的に最も普及しているブロックは、化粧が施されていない灰色のコンクリートブロックです。
強度や耐久性に優れている割に安価で設置できるためよく使われます。
化粧ブロック
化粧ブロックとは、コンクリートブロックの表面を加工して模様付けしたり色付けが施されたりしているブロックのことです。
凹凸などの模様が入っているデザイン性の高いものもあります。
おしゃれな外構・エクステリアを目指すのであれば、外から見えるブロック塀も大切な外構になりますので、上手に化粧ブロックを活用しましょう。
タイル・左官仕上げ
他にも、コンクリートブロックのブロック塀にタイルを貼りつけたり、左官で仕上げる方法などもあります。
よりデザイン性の高い外構空間を目指す方、外壁と合わせたデザインにしたい方などにおすすめです。
使用する素材を変えることや、ブロックに加工を施すことで、おしゃれなブロック塀を作ることができます。

危険!リフォームが必要なブロック塀

2018年の地震により、高槻市で起こってしまったブロック塀が倒壊した事故。
あの報道がきっかけとなり、ブロック塀に対して危険性を感じた方も多いのではないでしょうか。
ブロック塀は頑丈で耐用年数は30年以上とも言われていますが、当然時間の経過と共に劣化していきます。
そのような劣化したブロック塀を放置しておくと、倒壊などの危険につながる恐れもあります。
過去に建てられたブロック塀は、高さや補強が現在の規定をクリアしていないものも多く大変危険です。
ご自身はもちろん、歩行者の方にも危険が及ぶ可能性があり、地震などの天災に備える意味でも劣化しているブロック塀は早めにリフォームをする必要があります。

ブロック塀のリフォームが必要なケース
・塀にひび割れや破損がある
・塀が傾いている、ぐらつきがある
・塀の厚みが10cm以下

安全の考慮したブロック塀の規定
・塀の高さは最高1.2m(ブロック6段)まで、かつ4m以内ごとに控え壁を設置する
・塀が1.2mを超える場合、3.4m以内ごとに控え壁を設置し、高さは最高2.2m(ブロック11段)まで

上記ケースに当てはまる場合、また規定をクリアしていない塀の場合は倒壊の危険がありますのでお早目に専門の業者へお問い合わせください。
倒壊の危険があるブロック塀の撤去する工事をするにあたって、条件によっては自治体の補助金を利用できることも。
補助金の支給条件や金額は自治体によって異なるため、事前に調べておきましょう。 

見えない部分の工事の大切さ

ブロック塀の工事には上記のような規定があります。
しかし、手抜き工事によるブロック塀のひび割れや倒壊などの被害が多いのです。
このような事実は昔だけの話ではなく、現在でも施工業者が利益を上げるために時短・材料を減らした手抜き工事が頻繁に行われています。
実際に街でブロック塀がひび割れていたり、傾いたりしている場所をご覧になったことがあると思います。
それらは施工業者の手抜き工事が原因となっているのです。
仕上がりの見た目だけでは手抜き工事を判別するのが難しいため、 お施主様自身が正しいブロック工事を理解し、ご自身で工事の確認をすることが手抜き工事を防ぐ一番の方法と言えます。
ブロック工事は単純にブロックを積んでいくようにも思えますが、目に見えないブロックの中や土に埋まってしまっている部分に基礎を作っています。
この「目の見えない部分の工事」こそが、ブロック塀の強度を左右する重要な施工過程です。
つまり見えなくなってしまう部分の工事をおろそかにすると、ブロック塀のひび割れや倒壊の原因になってしまいます。
ブロック塀設計において最低条件が建築基準法で定められています。
さらに日本建築学会では、より安全性の確保を考慮した「コンクリートブロック塀設計規準」「ブロック塀施工マニュアル」などで細かく設計・施工について規定されています。
弊社では、基礎の入れ方や使用するブロックの厚み、控え壁の規定等を基準以上に満たして施工を行っています。
長く安心してお住まいいただけるように、安全なブロック塀の施工をお約束いたします。
対応エリア AREA
大阪府高槻市 茨木市
島本町 摂津市 吹田市 箕面市 枚方市 寝屋川市 
守口市 交野町 豊中市 門真市
池田市 四条畷市 大東市 東大阪市 八尾市 
東淀川区 淀川区 西淀川区

兵庫県伊丹市 尼崎市

京都府八幡市 大山崎町 長岡京市
大阪府高槻市を中心に、大阪北摂は迅速に対応いたします。
また、ご相談いただければ遠方のエリアも対応いたしますので
お気軽にお問い合わせください。
工事内容 CONSTRUCTION
【新築及びリフォーム外構工事・エクステリア工事】
アプローチ
階段 ( タイル・石貼り・乱形石・洗い出し仕上げ・刷毛引き仕上げ等 )
駐車場・駐輪場 ( 土間コンクリート打ち、タイル・石貼り・乱形石・
洗い出し仕上げ・刷毛引き仕上げ等 )
門壁 ( 左官塗り壁・タイル・石貼り等 )
整地 ( 山砂・川砂利・白川砂利・防草シート等 )
ライティング・スポットライト
【エクステリア製品工事】
門柱・機能門柱、機能ポール、ポスト、宅配ボックス、表札
門扉、スライド門扉、アコーディオン門扉、電気施錠門扉
アルミフェンス、木調フェンス、メッシュフェンス、スクリーンフェンス
カーポート(1 台用、1.5 台用、2 台用、ワイド、特注品)、サイクルポート
跳ね上げゲート、シャッターゲート
【庭工事】
芝、人工芝、山砂、川砂利、白川砂利、防草シート
テラス、テラス屋根、ガーデンルーム、ウッドデッキ、タイルデッキ
【植栽工事】
シンボルツリー、高中木、低木、グランドカバー、芝貼り、剪定、管理等
【屋外設置】
小型物置・中/大型物置、多目的物置、断熱材付物置、シャッター物置
電動開閉ガレージ
立水栓、混合栓、水栓柱、ガーデンシンク
ガーデンファニチャー 等
【造成工事】
境界ブロック、ブロック積み、CP 擁壁、RC 擁壁 等
(各種申請工事はご相談ください)
【取扱いメーカー】
LIXIL YKKap Panasonic 三協アルミ マチダコーポレーション 
ユニソン TOYO 東洋工業
四国化成 タカショー 名古屋モザイク 平田タイル イナバ ヨドコウ その他各種
デザイン実績多数

大阪府高槻市のエクステリア工事・外構工事

無料現地調査を依頼

080-1475-1327
【営業時間】9:00~17:00 /不定休 定休
高槻市・北摂エリアで外構工事をお考えの方、
些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
ページの先頭へ